ドールショウ65 フォトレポ

お久しぶりにドールイベントに行ってきました。秋葉原のボークスに雪ミクの受注服やアフターで買った服などを取りにいく必要があったので、都心に出る必要があったのも兼ねてますが、簡単にレポなど。東京はコロナで色々たいへんなのでちょっと考えましたが、まぁ前回行ったときにそんなに混んでなかったのを考えれば、到着時間を遅らせてから入れば大丈夫だろうという感じで行ってみました。

到着は11時半ごろで開場から30分後でしたが、開場は特に人でごったがえしているというわけでもなく、地元のスーパーマーケット程度のそこそこの賑わいといった感じで気軽に色々みて回れる状態になってました。ちなみに今回は入場に際して、接種証明等と身分証明書をみせたりしないといけませんが、自分は以前にふるさと納税の申告のためにeTaxをするため、マイナンバーカードを発行していたので、それでデジタル庁の接種証明をスマホで作って、今回はそれを提示した形です。すっかりそれで二次元コードを見せて入場者登録をするのかと思いきや、単純に見せただけだったので、それでいいのかちょっと疑問だったりしますが。。(持ってない人は個人情報を紙に書いて入口で渡してたりしましたしね。

最近、自分の場合はドールイベントでは何か服とかを買うというより、面白い小物や服飾資材を買う方が多いので、今回はドール用のハトメと薄型の面ファスナー、あとは追目するというアイや白色の境目がないレジンアイにニット服を買ってます。糸はレジロンより細い#60強度のニット糸ということで、お試しで買ってみました。

今回は企業でもコロナ感染状況が悪化していることから、オビツが出展は取りやめてましたが、アゾンやグッドスマイルカンパニーなどそこそこのところは来ていました。

アゾンは下のような感じの新製品などを展示してました。個人的には、アサルトリリィの楓さんが気になるところですね。1/6のがでたときに心揺れたのですが、もう小さいドールは昔に大量増殖してひどい事になったので、もう買わないという誓いを立ててたので我慢したのでした。今回、1/3で発売するので、もしかしたら久しぶりに買ってしまうかも・・・。もう引退しましたが、去年はアサルトリリィのソシャゲをやってはいたので、その中で楓さんが一番好きだったので。



あとは会場で個人的に気になった展示ドールなど色々。やっぱり、イベントで実物を眺めて歩き回るのは楽しいですね。来月のWFもゲストパスを貰えることになったので、可能であれば行きたいのですが、どうなりますことやら。WFは普通のドールイベントでは見かけない個人の創作ドールを色々見れるからいいのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − 5 =