ドールショウ67 レポート

今回も行ってきました.。ただ、ちょっと午前中に別件の用事があったので、入場したのは1時過ぎでした。なお、昨今のコロナの感染状況から、COCOAのインストールをしているか、あるいはしてない場合には入場者情報を記載するみたいなことが必要でした。わたしの場合は、コミケのときに念のためにインストールしていたので、こちらを提示して入場です。

今回も11時~15時半までと短縮開催で、さらに新しく取り入れられたアーリー入場などもありましたので、そこらへんでどうなったかをよく知りたい方もいらっしゃると思いますが、そんなわけで開催直後の状況はよくわかりません。まぁ、最近はどこが人気ディーラーかとかもよくわからないレベルなので、開場直前ぐらいに到着するぐらいにしか行かないので関係ないかも知れませんが…

遅めに会場に到着したお陰で、イベント自体はかなりまったりした印象でした。個人的には特に目を引くものもなかった感じですので、個人的に気になった会場の展示物の写真を中心にレポなど。

アゾンインターナショナル

今回は7月終わりにWFがあったので、それから1ヶ月ちょっとでしたから、アゾンでは版権ドールはアサルトリリィでちょっと新製品のお披露目があったぐらいですね。あとは、オリジナルドールが毎度のことながら色々出てました。

オビツ製作所

オビツも今回は来ていましたが、こちらは特に目立ったものは無かった印象です。オビツ30の男性素体とかぐらいでしょうかね。1/3関連も展示ありましたが以前と特に変わっていなかった感じでしたので、興味のある方は以前のイベントレポートを参照ください。

その他の企業

その他の展示企業色々。セキグチやグッドスマイルカンパニー等、いつもの企業が来ていました。

一般ディーラー

あとは一般ディーラーの写真など。ちょっと印象に残ったのが、グッドスマイルカンパニーのハルモニアのカスタムをしているディーラーさんをちょくちょく見かけたことですね。ハルモニアは、初音ミクなどの製品も出てましたが、結構できが良さそうだったので、ユーザーがそういう方面から今後はもっと増えていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

six − 5 =